占い師の収入について

会社に所属している占い師は完全出来高制です。鑑定料の内、一定の割合が給料として支払われます。電話占い師の場合は相談料の2割5分から3割程度が報酬の相場となっています。3割払いなら1分200円の占いをすると、60円の収入が得られます。1時間占いをすれば時給3600円になりますが、占い師は通常のアルバイトとは異なり常に仕事があるわけではありません。待機時間中は給料が発生しないため、実際は年収200万円程度の人が多いようです。そう聞くと少ないように感じますが、これは副業で行っている人が多いことも関係しています。電話占いを本業としている人だけの平均年収なら、さらに高額になる可能性があります。逆に副業として夜だけ働く場合は、まず月10万円くらいを目標にすると良いでしょう。もちろん、具体的にどれだけ稼げるかは占い師としての人気によっても変わってきますが、本業で一定の収入を確保し、あとは電話がかかってきたときだけ仕事をすればよいと考えれば悪くない副業だといえるのではないでしょうか。基本的には自宅で待機して電話のないときは時間を自由に使えるため、それが電話占い師のメリットのひとつにもなっています。

報酬例はこんな感じ

TYPE.1▶副業で占い師をやっている人

分給50円(時給換算3,000円)
週5日 6時間待機
月報酬:¥378,000

※パートタイムで働いている主婦や昼職と掛け持ちしている人だとこれくらいの時間が妥当なのですが、副業にしてはなかなか稼げると思いますね。

TYPE.2▶本業として働き始めた人

分給60円(時給換算3,600円)
週5日 8時間待機
月報酬:¥604,800

※一般的な社員さんと同じくらいの出勤数で待機すると稼ぎが倍以上ありますね。これだけでも十分生活に潤いが出ると思いますね。

TYPE.3▶占い師としてフル出勤している人

分給75円(時給換算4,500円)
週6日  10時間待機
月報酬¥1,215,000

※これは占い師として活躍している方の収入ですね。月に100万を超えるのってすごいですし、ここまでもらえたら頑張り甲斐がありますよね。